NPO法人国際ボランティア学生協会
公式ウェブサイト

NPO法人
国際ボランティア
学生協会
公式ウェブサイト

International
Volunteer
University
Student
Association
officialwebsite

歴史

1.草創期 1993年~2000年

 国士舘大学の夢企画から始りました。すべての原点がここにあります。
 当時、大学受験人口(18才人口)がピークを迎え、熾烈な受験戦争の中、多くの学生が挫折感を味わい、しらけた雰囲気が覆っていました。
 そこで、学生たちが、創造力を活かし、夢を組み立て実行する。そんな「勇気」と「冒険心」と「遊び心」を持った夢を募集し、実現性、独創性、意気込みを含めて大学が審査し、その実行を大学がサポートするという試みが行われたわけです。
 学生の「夢」は様々な分野にわたっていましたが、中でも社会に貢献したいという企画が多くありました。その中の「ラオス小学校建設活動」「多摩川清掃大作戦」「北海道南西沖地震災害救援活動」などに参加した学生たちの、「今後も活動をしたい!」という熱意で、IVUSAは組織化されました。これらの活動をした1993年度がIVUSAの「第1期」となります。

写真左:ラオス小学校建設活動(1993年~1999年)
写真右:北海道南西沖地震救援活動(1993年)

多摩川清掃大作戦(1993年~現在)

 1994年4月に国士舘大学のサークル「国際ボランティアサークル」としてスタート。
 基本的な理念は、「基本的にボランティアのフィールドで自分たちがやれることを企画し、企画によっては参加者を募集する」というもの。活動の柱は、「国際協力」「環境保護」「社会福祉」「災害救援」の4つ(その後、社会福祉から地域活性化に活動の力点が変わりました)です。

 IVUSAは災害救援活動を通して、成長してきました。

写真左: 阪神淡路大震災救援活動(1995年)
写真右:台湾中部大地震災害救援活動(1999年)

 台湾中部大地震災害救援活動は初めての海外における災害救援活動でしたが、ここで培ったノウハウや経験値がIVUSAを新しい段階に引き上げたと言えます。

2.発展期 2001年~2008年

 法政大学やフェリス女学院大学など新しい大学支部が誕生していきました。国士舘大学の国際ボランティア部から、インカレのIVUSAへと新しいステージに上がったと言えます。そして2002年にNPO法人格を取得しました。
 2003年には立命館大学を中心に関西支部も誕生。

 また、自分の地域を盛り上げたいという会員の思いから、地域おこし(活性化)の活動が各地で始まりました。

 災害救援活動は継続して行っており、災害現場における活動だけでなく、日頃の応急救命を中心とするCMT(Crisis Management Training=危機対応講習)を全会員に実施していることが評価され、平成18年(2006年)防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞しました。

3.拡大期 2009年~

 2008年度に会員数が1,000人を突破。2015年には登録ベースで3,000人を超え、日本最大規模の学生ボランティア団体でとなりました。

 また、会員に対する研修やトレーニング、キャリアサポートに力を入れるようになりました。

 研修やトレーニングを学生自身が行えるような「学生インストラクター制度」を作り、大学クラブごとで研修を実施しています。

 そして、2011年3月11日に発災した東日本大震災に対しては、3月末から現地に入り、これまで44回、延べ約3,157人が宮城県石巻市、気仙沼市、山元町などの現場で活動してきました。現在も山元町で復興支援活動を継続中です。

 

NPO法人
国際ボランティア
学生協会
公式ウェブサイト

International
Volunteer
University
Student
Association
officialwebsite

本部事務局→アクセス
〒156-0051
東京都世田谷区宮坂1-34-4
ザ・アゼリアハウスB-102
Tel/Fax: 03-6751-2683

三軒茶屋出張所→アクセス
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂4-1-1
キャロットタワー3階
市民活動支援コーナー
Tel/Fax: 03-3418-1840

関西事務所→アクセス
〒569-1121
大阪府高槻市真上町1丁目1-18
Insist21-3B
Tel/Fax: 072-601-5109

©2015 特定非営利活動法人 国際ボランティア学生協会

サイトポリシー

プライバシーポリシー