NPO法人国際ボランティア学生協会
公式ウェブサイト

NPO法人
国際ボランティア
学生協会
公式ウェブサイト

International
Volunteer
University
Student
Association
officialwebsite

IVUSAとは

 IVUSAは現在、全国90大学3,000名の会員が所属するNPO法人です。
 会員としてボランティア活動に参加する人を募集しています。
 活動は主に国際協力・環境保護・地域活性化・災害救援の4つの分野に力を入れており、国内外で年間約150本の活動を実施しています。
 主な活動時期は大学の夏休み・春休みの期間です。

こんな人は、
是非IVUSAの活動に参加してください!

・何かボランティアをやってみたい
・大学の枠を超えて友だちをつくりたい
・社会問題に関する理解を深めたい
・コミュニケーション能力を伸ばしたい
・社会に出る前に様々な経験を積んでおきたい

特別な技術や語学力・経験がなくても、
熱意とやる気さえあればOKです!

IVUSAの活動について

国際協力

 カンボジアでの学校建設、インドでの住宅建設、中国での植林、フィリピンの減災・環境保全など、地域のニーズに沿った活動をしています。
 「現地のために何ができるか」「現地は何を求めているのか」を現地の人たちと真剣に考え、同じ目線に立って活動していくことを目指します。


環境保護

 千葉県九十九里浜での清掃活動、滋賀県琵琶湖での外来種駆除活動、日本海沿岸の環境美化活動などを行っています 。
 ただ活動するだけでなく、活動に参加した学生と地域の方との交流を通して、活動を通して参加した学生や社会の環境保護に対する認識や理解を深めていくことを目指します。


地域活性化

 新潟県関川村、三重県熊野市、東京都利島村など様々な地域でお祭りの運営や地域の産業振興のお手伝いをしています。
 IVUSAが災害救援を行った地域や、会員の出身地など、活動のきっかけは多様です。特に会員の「自分の故郷を盛り上げたい!」という思いや人の縁を大切にしています。


災害救援

 20年以上の経験や学生のマンパワーを最大限に活かし、「すべては被災された方のために」という信条のもと、瓦礫の撤去や家屋の片づけ、炊き出し、防災訓練のお手伝いなどの活動をしています。
 東日本大震災においては、これまで計44回延べ3,266名が救援・復興活動に参加しました。


その他の活動

 IVUSAでは4つの分野以外にも様々な事業を行っています。
 第二次大戦の戦没者の遺骨収集事業や、生活困窮家庭の子どもへの学習支援事業など多岐に渡ります。


活動参加者の声

カンボジアの学校建設活動
國學院大学2年 奥墨 愛美

 海外ボランティアに行きたくてIVUSAに入会したのですが、その中でも、私自身の興味が深かった「途上国支援」や「教育」に繋がるこのカンボジアでの活動に参加しました。

 学校建設作業はとても過酷でしたが、メンバーで協力し、声をだしていきながらなんとか完成することができました。

 また、活動では学校建設だけでなく、現地の子どもたちへの授業プログラムもありました。これは、建設後のことも考え、子どもたちに学ぶことの楽しさを感じてもらおうという想いから取り組みました。授業を受けている子どもたちのキラキラした笑顔は、今でも覚えています。

 海外ボランティアはハードルが高いように感じますが、活動を通してそこに住む人々の目線で問題を考え、アクションを起こすことができます。これは、当然ですが現地に行くからこそできることです。少しでも気持ちがあれば、皆さんも是非参加してみてください。


新潟県関川村大したもん蛇まつりのボランティア活動
立命館大学2年 橋本 樹

 学生の内に色んな経験をしたい!という気持ちからIVUSAに入会しました。その中でも、先輩から関川村での活動の体験談を聞いた時に、地域の人との繋がりを強く感じ、興味を持って参加しました。

 活動はお祭の運営サポートが中心でしたが、地域の方との交流会など、様々な形で地域に関わらせていただきました。お祭当日はメインでもある大蛇の御神輿を担ぎました。伝統ある行事なので、よそ者でもある私が担がせていただくことにはじめは緊張しましたが、村に人から「楽しもう!」という声をかけていただき、一緒になって盛り上げることができました。

 地域のボランティアは、何よりも現地での「出会い」が大きなものだと思います。私自身お話を通して学ぶことも多く、村の方々も新鮮な気持ちで楽しんでくれます。こういった出会いをきっかけに、村の元気や活性化に繋がる取り組みをもっと進めていきたいと思います。


関東・東北豪雨災害救援活動
国士舘大学1年 山田 涼介

 災害救援活動に参加したいと思ったきっかけは、東日本大震災。多くの友人も被災している中、中学生の自分は何もできないもどかしさを感じていました。なので、大学生になってからは、何かあれば必ず被災地へ足を運ぼうと決め、IVUSAに入会し、活動をしていました。

 2015年9月に関東・東北豪雨災害が発災し、私は延べ10日間ほど活動に参加しました。ニーズの聞き取り調査から床下の泥かきまで、様々な作業に取り組んでいました。酒蔵や一般家庭で被害を受けた物品のお片づけなどもさせていただきましたが、想像以上に被害は大きく、胸が痛くなる時もありましたが、現地の方の「ありがとう」の言葉に私自身も救われました。

 災害救援の活動では専門的な知識や体力が必要と思われますが、それらがなくても、できることはたくさんあります。是非、勇気をもって被災地に足を運んで欲しいです。あなたの力を、被災地は求めています。


琵琶湖における外来水生植物の除去活動
龍谷大学2年 山下 寿々

 私の初めてのボランティア活動は、1年生の6月に参加した琵琶湖での外来植物の除去活動。動機は単に、滋賀の大学に通っていたから。でも、活動の中で気づくことがたくさんありました。

 参加して思ったことは「環境問題はほんまに果てしない」ということ。そして、私含め全ての人にとって直接的に問題となるわけではないから、将来的には自分たちも困るはずでも、関心が向きにくい難しい問題だということ。大きな問題であるが故に、自分たちのやっていることの「ちっぽけさ」に私自身すごく悩みました。

 でも、活動するうちに、「地元の人が参加してくれた」「県議会に取り上げられた」など、ちっぽけな一歩が、果てしない問題の解決に向けて人や社会を動かしている、という実感と、自信を持てるようになりました。

 そして、私たちが作業をしている裏でも多くの人が動いてくれていて、皆でこの問題に取り組んでいる。「果てしない」大きな壁だからこそ、私たちの若さとパワーがとても重要な活動です。是非、皆さんも参加してみてください。


よくある質問

Q.

IVUSAの行っているプロジェクトに参加するにはどうしたらいいですか?

A.

 まずは入会してください。入会登録を行い、入会金と年会費を払えば、特別な技術や語学力・経験がなくても、熱意とやる気さえあればOK!
 会費の納入確認後、メールにて会員登録完了の連絡をします。その後、活動の情報の詳細や申し込みフォームが掲載されている会員専用サイトが閲覧できるようになります。
 現場活動に参加するには、応急救命講習をはじめとする所定の研修の受講が必須となります。


Q.

活動面での安全は大丈夫ですか?

A.

 入会と同時に全員に「ボランティア活動保険」への加入手続きをしています。これは、国内でのボランティア活動中に起こる様々な事故に対して補償する保険です。海外でのボランティア活動の際には海外旅行傷害保険に加入し、現地で事故や怪我をした際には同行する事務局スタッフが対応します。
 しかし、日常の生活とは異なる環境での活動も多くあるので、会員全員に対して行なう危機対応講習や活動前の研修会等を通し、危機に対する意識や、それに対応するためのスキル向上を図っています。
 ボランティア保険についてはこちら。


Q.

どのような活動に参加できますか?

A.

 海外での活動は、春休みと夏休みあわせて4つ程度の活動があり、滞在期間は約2週間です。参加費(交通費や食費、事務諸経費など)は活動により異なりますが、航空券や現地滞在費、保険代など含め、約13万円~20万円程度です。
 宿泊を伴う国内での活動は、毎月定期的に実施しています。活動により異なりますが、活動期間は2泊~1週間、参加費は1万5千円~3万円程度です。夏休みと春休みには、数百人規模での大きな活動を毎年実施しています。
 また宿泊形式の活動以外にも、拠点の大学ごとに地域での清掃活動、就学生や高齢者、障碍を持った方々との交流会などを 定期的に実施しています。
 その他にも、関東・関西それぞれの会員が集まる定例会や、大学ごとに会員が集まるクラブ会(月1回開催)、研修合宿なども実施しています。


Q.

自分が通う学校にIVUSAのクラブがないのですが、どうしたらよいですか?

A.

 自宅や学校近くのクラブに所属していただききます。また首都圏、関西圏以外の学校に通われている場合には、担当者から直接連絡致します。


Q.

プロジェクトを創ってみたいのですが、可能ですか?

A.

 活動に参加するだけではなく、組織の運営や様々な活動の企画・運営を行う「スタッフ」としてIVUSAに関わることが出来 ます。入会後、半年を経過すると「スタッフ」に登録することができます。


Q.

アルバイトや他のサークルと両立は可能ですか?

A.

 可能です。ほとんどの会員はアルバイトをしています。他のサークルやNPOと掛け持ちをしている人も多いので、先輩にコツを聞いてみてください。

説明会お申込フォーム









NPO法人
国際ボランティア
学生協会
公式ウェブサイト

International
Volunteer
University
Student
Association
officialwebsite

本部事務局→アクセス
〒156-0051
東京都世田谷区宮坂1-34-4
ザ・アゼリアハウスB-102
Tel/Fax: 03-6751-2683

三軒茶屋出張所→アクセス
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂4-1-1
キャロットタワー3階
市民活動支援コーナー
Tel/Fax: 03-3418-1840

関西事務所→アクセス
〒569-1121
大阪府高槻市真上町1丁目1-18
Insist21-3B
Tel/Fax: 072-601-5109

©2015 特定非営利活動法人 国際ボランティア学生協会

サイトポリシー

プライバシーポリシー