NPO法人国際ボランティア学生協会
公式ウェブサイト

NPO法人
国際ボランティア
学生協会
公式ウェブサイト

International
Volunteer
University
Student
Association
officialwebsite

IVUSAとは

 IVUSAは現在、全国90大学3,400名の会員が所属するNPO法人です。
 会員としてボランティア活動に参加する人を募集しています。
 活動は主に国際協力・環境保護・地域活性化・災害救援・子どもの教育支援の5つの分野に力を入れており、国内外で年間約150本の活動を実施しています。
 主な活動時期は大学の夏休み・春休みの期間です。

こんな人は、
是非IVUSAの活動に参加してください!

・何かボランティアをやってみたい
・大学の枠を超えて友だちをつくりたい
・社会問題に関する理解を深めたい
・コミュニケーション能力を伸ばしたい
・社会に出る前に様々な経験を積んでおきたい

特別な技術や語学力・経験がなくても、
熱意とやる気さえあればOKです!

IVUSAには様々な国籍、人種、年齢、宗教、価値観、
性的指向を持った人がおり、多様性に配慮しています。

IVUSAの活動について

国際協力

 カンボジアでの学校建設、インドでの住宅建設、中国での植林、フィリピンの減災・環境保全など、地域のニーズに沿った活動をしています。
 「現地のために何ができるか」「現地は何を求めているのか」を現地の人たちと真剣に考え、同じ目線に立って活動していくことを目指します。


環境保護

 千葉県九十九里浜での清掃活動、滋賀県琵琶湖での外来種駆除活動、日本海沿岸の環境美化活動などを行っています 。
 ただ活動するだけでなく、活動に参加した学生と地域の方との交流を通して、活動を通して参加した学生や社会の環境保護に対する認識や理解を深めていくことを目指します。


地域活性化

 新潟県関川村、三重県熊野市、東京都利島村など様々な地域でお祭りの運営や地域の産業振興のお手伝いをしています。
 IVUSAが災害救援を行った地域や、会員の出身地など、活動のきっかけは多様です。特に会員の「自分の故郷を盛り上げたい!」という思いや人の縁を大切にしています。


災害救援

 20年以上の経験や学生のマンパワーを最大限に活かし、「すべては被災された方のために」という信条のもと、瓦礫の撤去や家屋の片づけ、炊き出し、防災訓練のお手伝いなどの活動をしています。
 東日本大震災においては、これまで計44回延べ3,266名が救援・復興活動に参加しました。


子どもの教育支援

 児童養護施設の子どもたちの交流、生活困窮家庭の子ども向けの学習支援、障害を持つ子どもへの遊び場の提供、学校や社会教育施設での防災学習等の事業を実施しています。


その他の活動

 IVUSAではこれらの分野以外にも第二次大戦の戦没者の遺骨収集事業や、クラブ単位での社会福祉活動、世田谷区市民活動支援コーナーの運営など様々な活動を行なっています。


活動参加者の声

カンボジアでの小学校建設活動
中央大学3年 山田 晃太

 元々国際協力に興味があった訳ではないですが、子どもが好きということと大学生活中に何か大きなボランティアに参加したいという気持ちがあったため、カンボジアでの小学校建設活動に参加しました。

 カンボジアの教育問題に対して、私たちが小学校を建ててもその問題が根本的に解決するわけではないということを活動前の勉強会で学びました。

 それでも「想いをカタチに」をコンセプトに小学校建設や企画を行った結果、村の人たち、特に子どもたちに多くの将来の可能性を持ってもらうことができました。広く見れば私たちが行った活動は小さなことですが、今回小学校が建った村にとっては大きな変化だったと思います。

 村の人たちからの感謝の気持ち、学校を求めていた子どもたちの笑顔、国境を超えた村の人達との素敵な関係は忘れることができません。

 海外の活動はハードルが高いと思う人は多くいると思います。お金、家族の同意、安全面など不安は多くあるでしょう。しかし、カンボジアという国に全力で向き合った約2週間は自分の中でかけがえのない時間になりました。これは私だけではなく、活動に臨んだ皆が思っていることだと思います。

 海外に興味がある、異文化でボランティアをしてみたい、何か大きなことをやってみたい。理由は何であれ、現地に行ってアクションを起こすことが大切です。少しでも気持ちがあれば皆さんも参加してみてください!


新潟県十日町市の雪原カーニバルなかさとでのボランティア活動
日本大学2年 長谷川 千尋

 初めて参加した活動は新潟県関川村の大したもん蛇祭りのボランティア活動でした。それからずっと地域活性化のボランティア活動に行き続け、今年の3月に新潟県十日町市中里地域で行われた雪原カーニバルなかさと2017のボランティア活動に参加しました。

 1年生の時に初めてこの活動に参加し、活動の最後に思ったのは改めて「この地域のために何かしたい」という気持ちでした。

 十日町市にはたくさんのおいしい食べ物、綺麗な景色、自然、そしてあたたかい人たちがいました。本気でこの地域を盛り上げたいと思う人がいました。それを知ったから、そんな地域のために自分ができることを探しました。

 そんな思い抱えて、2年生になった今年も参加しましたが結果は思ったようにはいかなくて、できないこともありました。悔しい思いもあるけど、この地域への気持ちが再確認できたのはよかったです。十日町が好きで、私はこの地域のためにこれから4年生が終わるまで、何ができるか考え続けて行動して、ずっと関わり続けたいと思うことができました。

 その地域を思い続けることはたしかに大事だと思います。

 でもそれだけじゃ足りないことに気付きました。活動は3月で、それまでにできることたくさんあります。3月にボランティア活動があるからといってそれまで何もできないわけではないから、それまで全力で十日町のために行動し続けようと今回思うことができました。

 考えるだけで終わっていた2年生が、本気で行動するきっかけになったし、そのための繋がりもできました。

 ボランティア活動は人がアクションを起こす場であり、また人がその地域を知ったり、行動を起こしたりするきっかけになる場だと思います。

 活動には可能性がたくさんあり、その地域にとって、自分にとって活動をどんなものにするかはその人次第だから。

 少子高齢化や人口減少、産業の停滞化などの地域の問題を解決するために、わたしたちは活動するけど、地域活性化は地域によって形が違うし、本当に難しい課題だと思います。

 それでも何もしないより何かする方がいい。微力だけど無力じゃないっていうことをとても実感します。みなさんも今まで考えていなかった人は考えてみて、考えるだけで終わっていた人は行動しよう。考えてわからなかったら、わかるまで一緒に考えましょう。行動の仕方がわからなかったら、一緒にやってみましょう。


熊本地震救援活動
立命館大学1年 内田 悠奈

 災害救援活動に行きたい。

 高校生の時に東北へ被災地研修に行かせていただいた時から、ずっと思っていたことでした。このIVUSAに入ったのも、その想いがきっかけでした。

 そんな私にとって初めてとなる災害救援活動は、平成28年熊本地震救援活動7次隊でした。

 初めは「災害救援なんて危ないからやめなさい」と反対していた両親が、最後には「頑張ってこい」と送り出してくれたので、必ず現地のために全力を尽くさなければという使命感の下、活動に参加しました。

 私の参加した活動では、「負けてたまるか」のスローガンを掲げ、全ては現地のためにという想いで、活動させていただきました。

 私が実際に活動させていただいたのはたった4日間という短い期間でしたが、その間に土砂のかき出しやがれきの撤去の他、温泉旅館の家財運搬、清掃まで様々なことをさせていただきました。発災から4か月経っていても、それだけまだまだ現地にはやるべきことがあって、人手が足りていない状況があるのだと、改めて痛感しました。

 あんなに災害救援活動に参加したい、誰かのために頑張りたいと思っていたけれど、自分はちゃんとそれを体現できているのだろうかと、活動の4日間ずっと不安に思っていました。

 ただ、活動の最終日に、お邪魔させていただいていた旅館の方から、「長い歴史のある旅館だけど、震災でボロボロになってしまって、もう続けられないと思っていました。でも、みんながこんなに綺麗にしてくれて、頑張ってくれて。もう少し、頑張ってみようと思います。ありがとう」というお話を頂きました。

 また、現地の方の口から「負けてたまるか」という言葉を聞くことができて、本当にこの活動に参加させていただけて良かったなと思いました。

 これからもきっと絶えることのない自然災害。出来ることは少なくても、少ないなりに、出来ることがある。

 私はこれからも、「現地に笑顔を届ける活動」に携わり続けていきたいなと思います。


琵琶湖における外来水生植物の除去活動
近畿大学2年 藏堀 克人

 僕は2016年夏の琵琶湖外来植物除去活動に参加しました。

 もともとは災害救援がしたくてIVUSAに入会したのですが、他の社会問題にも目を向けたいと思いこのボランティア活動に参加しました。

 活動に参加する前は琵琶湖にどんな問題があって、それがどれだけの人に影響を及ぼすのか全く分かっていませんでした。しかし事前の勉強会などを通して琵琶湖の現状や生活の中で多くの人が琵琶湖と繋がっていることを学びました。自分も琵琶湖の水を使っていることを知り、他人ごとには考えられなくなりました。

 作業の内容は正直しんどいものでした。活動は3日間しかなかったのですが、果てしない量のオオバナミズキンバイやナガエツルノゲイトウなどの外来植物を取らなくてはいけませんでした。しかも、繁殖力がとても高いので根を残してはいけないので迅速かつ丁寧に作業をしなくてはいけませんでした。

 そんな作業を最後まで頑張れたのは仲間がいたからだと僕は思います。

 僕の参加した活動にはおよそ400人の学生が参加しました。

 この活動の最終日には400人全員が一か所に集結し、予定していたよりも多くの外来植物を除去することができました。このときの達成感は忘れることができません。

 多くの仲間がいて、お互いに声を掛け合い助け合ったからこそ最後まで一人ひとりベストを尽くすことができたのだと思います。

 僕はこれがIVUSAの面白さの一つだと思います。

 初対面の人も多くいる中で、一つの社会問題に対してこれだけの人数が集まり、熱意をもってアクションを起こせるのはIVUSAだからこそできることだと思います。

 僕たちがアクションを起こしたことで地域の人もこの問題について考え、参加してくれるようになったり、県や国で対策がとられたり、変わってきていることがたくさんあると聞いてとても嬉しかったです。

 環境問題は普通に生活しているだけでは気づかないことも多いです。問題を知り、自分から動き出して気づけることはたくさんあります。そのためにもっと多くの人にこの問題を知ってほしいと思います。是非、ボランティア活動に参加してみてください。一緒にアクションを起こしましょう。


新潟県長岡市内の児童養護施設でのボランティア活動
法政大学2年 高崎 優里

 私の幼少期は、「虐待」や「ネグレクト」と言った言葉とはかけ離れ、親に愛され親に甘えることのできた日々でした。

 しかし世の中には、幼い時から親に殴られたり無視されたりした経験を持ち、心に深い傷を抱えた子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの状態や、子どもたちが育つ児童養護施設がどのような所であるか自分の目で見て、知りたかったのでこのボランティア活動に参加しました。

 活動初日、子どもたちとたくさんのゲームをして遊びました。無我夢中で体育館を走り回り、ゲームを楽しんでいるその様子は本当に可愛く、無邪気な笑顔を浮かべていました。私は子どもたちと上手く回れるか不安でしたが、可愛い笑顔を見ているとそんな不安も吹き飛びました。

 活動初日の夜に寮長さんから施設に通う子どもたちの過去や今の状況を聞きました。あんなに無邪気で可愛く、そしてとても幼い子どもたちに、暗くて深くて思い出したくない虐待の過去の話を聞きました。

 子どもは両親に愛されて、甘えられて当然と思っていましたが、残念なことにそうではない子どもたちが実際にいることを改めて聞いて胸が痛みました。

 子どもたちには、幼少期に愛されたり、大人に好きなだけ甘えたり、構ってもらえたりといった体験が必要だと思います。子どもたちにとってこの活動中は、大人に愛されたり、存分に甘えたり、構ってもらえる時間を過ごすことができます。

 虐待の過去を持つ子どもたちがこの活動の中で過ごした時間を、「幸せ」と位置づけられることができるので、この活動はすごく意義のある活動だと思いました。


よくある質問

Q.

IVUSAの行っているプロジェクトに参加するにはどうしたらいいですか?

A.

 まずはIVUSAに入会することが必要です。入会登録を行い、入会金と年会費を払えば、最初は特別な技術や語学力・経験がなくても、熱意とやる気さえあればOK!
 会費の納入確認後、メールにて会員登録完了の連絡をします。その後、ボランティア活動の情報の詳細などが掲載されている会員専用サイトが閲覧できるようになり、そのページから申し込みができるようになります。
 また現場活動に参加するには、応急救命講習など所定の研修の受講が必須となります。
 新規会員登録はこちら。


Q.

IVUSAの会員になるためにはどうしたらいいですか?

A.

 まずは自分の大学やその周辺の大学にIVUSAのクラブがあるか確認してみてください。クラブによってはTwitterやFacebookなどでIVUSAの説明会などの情報が流れていることがあるので説明会に参加したり、直接連絡したりして入会のことを会員に聞いてみてください。
 もし自分の大学や周辺にの大学にIVUSAのクラブがない場合はお問い合わせをお願いします。
 お問い合わせの後、IVUSAの本部事務局または三軒茶屋出張所にて説明会などを通して入会登録を行います。その後入会金と年会費を支払うことでIVUSA入会となります。
 お問い合わせ・資料請求はこちら。


Q.

活動面での安全は大丈夫ですか?

A.

 入会と同時に全員に「ボランティア活動保険」への加入手続きをしています。これは、国内でのボランティア活動中に起こる様々な事故に対して補償する保険です。海外でのボランティア活動の際には海外旅行傷害保険に加入し、現地で事故や怪我をした際には同行する事務局スタッフが対応します。
 しかし、日常の生活とは異なる環境での活動も多くあるので、会員全員に対して行なう危機対応講習や活動前の研修会等を通し、危機に対する意識や、それに対応するためのスキル向上を図っています。
 ボランティア保険についてはこちら。


Q.

どのような活動に参加できますか?

A.

 海外での活動は、春休みと夏休みあわせて4つ程度の活動があり、滞在期間は約2週間です。参加費(交通費や食費、事務諸経費など)は活動により異なりますが、航空券や現地滞在費、保険代など含め、約13万円~20万円程度です。
 宿泊を伴う国内での活動は、毎月定期的に実施しています。活動により異なりますが、活動期間は2泊~1週間、参加費は1万5千円~3万円程度です。夏休みと春休みには、数百人規模での大きな活動を毎年実施しています。
 また宿泊形式の活動以外にも、拠点の大学ごとに地域での清掃活動、就学生や高齢者、障碍を持った方々との交流会などを 定期的に実施しています。
 その他にも、関東・関西それぞれの会員が集まる定例会や、大学ごとに会員が集まるクラブ会(月1回開催)、研修合宿なども実施しています。


Q.

クラブとはなんのことですか?

A.

 IVUSAでは、会員が10名以上いる地域ごとにクラブと呼ばれるグループを作っています。
 各クラブはその地域に在学する大学生の会員たちによって自主的に運営され、それぞれの大学や地域に根ざした活動を行っています。各クラブの人数は30人〜200人程度で、IVUSAは活動に対するアドバイスや研修プログラムの提供などのサポートをしています。
 関東のクラブ一覧はこちら。
 関西のクラブ一覧はこちら。


Q.

自分が通う学校にIVUSAのクラブがないのですが、どうしたらよいですか?

A.

 自宅や学校近くのクラブに所属していただききます。また首都圏、関西圏以外の学校に通われている場合には、担当者から直接連絡致します。


Q.

プロジェクトを創ってみたいのですが、可能ですか?

A.

 活動に参加するだけではなく、組織の運営や様々な活動の企画・運営を行う「スタッフ」としてIVUSAに関わることが出来 ます。入会後、半年を経過すると「スタッフ」に登録することができます。


Q.

アルバイトや他のサークルと両立は可能ですか?

A.

 可能です。ほとんどの会員はアルバイトをしています。他のサークルやNPOと掛け持ちをしている人も多いので、先輩にコツを聞いてみてください。

説明会お申込フォーム









NPO法人
国際ボランティア
学生協会
公式ウェブサイト

International
Volunteer
University
Student
Association
officialwebsite

本部事務局→アクセス
〒156-0051
東京都世田谷区宮坂1-34-4
ザ・アゼリアハウスB-102
Tel/Fax: 03-6751-2683

三軒茶屋出張所→アクセス
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂4-1-1
キャロットタワー3階
市民活動支援コーナー
Tel/Fax: 03-3418-1840

関西事務所→アクセス
〒569-1121
大阪府高槻市真上町1丁目1-18
Insist21-3B
Tel/Fax: 072-601-5109

©2015 特定非営利活動法人 国際ボランティア学生協会

サイトポリシー

プライバシーポリシー